ENTER

Den-en Eda Church

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


                                                                        文字を大きくするには、右はしのAを

Q1: キリスト教会ってどんなとこ?            
教会にはいろいろな集まりがあります。
朝の礼拝、夕べの礼拝、聖書研究・祈祷会、ハイキングの集い、讃美歌を歌う会、地区集会、お菓子を焼く会などなど。(集まりについては「礼拝案内」「集会案内」のページを。)
礼拝はともかく、他の集まりは世間の普通の集まりとどこが違うの?と思われるでしょう。
これが違うのです。
それは「教会」は教会の建物を指すのではなく、「神さまに集められた人の群れ」を意味するからです。集められたといっても、特別な人だけが集められたという意味ではありません。
教会に集まってくる人は、それぞれ違う思いをもってきているようでも、じつはみな神さまが呼んでくださって、そこに一緒にいるのです。
だから、世の中にある同好会の集まりでもなければ、気の合う仲間だけの会でもありません。どんな人でも、そこに来た人は、神さまが呼んでくださっている仲間どうしなのです。 まず、教会とはそんなところなのです。

▲ ページトップへ

Q2:どの集いに出ようかな?
おすすめは、礼拝です。日曜日の朝10時半からの「公同(こうどう)礼拝」と呼んでいる礼拝が、当教会の中心的な礼拝で、どなたでも歓迎します。LinkIcon公同礼拝
また、次のような礼拝もあります。
・こども向け、青年向けでは、日曜朝9時からのジュニア・チャーチ礼拝の「こひつじグループ」(おおむね就学前の年齢)、「こえだグループ」(おおむね小学校通学年齢)、「わかえだグループ」(おおむね12歳以上の年齢)
・初めて来られる、クリスチャンでない一般の成人の方では、日曜朝9時からの「ぶどうの木」礼拝が、そのような方にもなじみやすい礼拝になっています。LinkIconジュニアチャーチ

どの礼拝でも、礼拝は神さまが招いてくださるのに応えてみなで神さまに会う場です。神さまが私たちを愛して下さっているというメッセージを みなで聞いたり、みなで神さまに向かって歌ったり、お祈りを捧げたりするのです。そうやって心が満たされて、それぞれの家庭や仕事場など に帰っていけるのです。 でも、神さまは礼拝と同じようにどの集会にも招いて下さっています。だから、どの集いでも大歓迎です。どの集いでも、きっと、あたたかい 豊かな気持ちになると思います。

▲ ページトップへ

Q3: ほんとに私でも行っていいの?
クリスチャンでない人も歓迎です。どなたにでも来ていただきたいと思っています。それは、神さまがあなたをふくめて全ての人を招いておられるからです。
「私はまだ聖書のことも神さまのことも何も知らない、そんな私を神さまが招いてくださるの?」
そうです、まずは会いにきてほしいと言って招いて下さるのです。
「小さな子どもが一緒でもいいだろうか?」  もちろん大丈夫です。
「お祈りの言葉を知らなくても良いのか?」  それも大丈夫です。
「聖書と讃美歌を持っていないといけないのだろうか?」  教会にたくさん置いてあります。
「どんな服を着て言ったらいいの?」  決まりはありません。自分が神さまに会うのにふさわしいと思う服装でいいのです。
まだ一回も行った事のない所について考え始めれば、心配ごとはきりなく出てくるでしょう。
覚えておいてほしいことはただ一つ、神さまはあなたに礼拝に来て欲しいと望んでおられる、と言うことです。
あなたが会いたいと思い、長年待っていた友達が来てくれた時を想像してみてください。
来てくれた友達をじろじろと点検して、あれが良くないこれが足りないなどと言うことなどしないでしょう。
神さまも同じです。神さまと教会の仲間たちはあなたが田園江田教会に来られることを心からお待ちしています。

▲ ページトップへ

Q4: どんな風に迎えてくれるの?
初めて教会に来られると、礼拝堂の入り口に立った時からとまどいを覚えられるかもしれません。
田園江田教会は新来会者専用の受付を用意していますので、どうぞそこで「初めてです」とおっしゃってください。
聖書・讃美歌をお貸しするとともに、礼拝についてのご質問などにお答えします。
田園江田教会では、礼拝にいらした方全員に受付で名前を書いていただいていますが、教会活動以外に利用するものではありませんので、ご協力をお願いします。

▲ ページトップへ

Q5: 礼拝ってむずかしくない?
礼拝は受付でお渡しするプログラム(「週報」という名前です)に従って進めていきます。
又、田園江田教会では、初めての方には礼拝のプログラムの内容を説明したしおりもお渡ししています。
それでも、初めてだと少しとまどうかもしれませんが、まずはまわりの人に助けてもらって下さい。

▲ ページトップへ

Q6:参加費が必要ですか?
礼拝には参加費はいりません。ただし、礼拝の中で「献金」ということをします。
でも献金は「献げる」と書いてあるように、講演会の入場料や行事の参加費とは違って、自発的にささげるというものです。だから「献金しなければいけない」とか「献金しなくともよい」と言えるものでもありません。
神さまを信じ、自分が神様の愛によって守られて生きていることを思うと、自然に感謝したくなり、また自分自身を神さまにおささげするような気持ちにもなってくると思います。そのしるしが献金なんです。
だから献金は金額を問うものではありません。また教会の活動の全ては、教会員たちの献金と奉仕、それだけで成り立っています。

▲ ページトップへ